燃料添加剤 LUBRICON

FAQ

燃料添加剤/オイル添加剤 LUBRICON A-112/A-212に寄せられた疑問をFAQ形式でお答えしていきます。
ここにない質問がございましたら、お気軽にお問い合わせのページよりお送りください。

A-112について

Q1: 燃料添加剤に植物の酵素が使われているということですが、燃料はガソリンや軽油等の石油系のものなのに、なぜ植物系の酵素が効果を発揮できるのですか?
Q2: A-112について、燃料タンクに添加後数時間寝かすと効果的と言われていますが?
Q3: A-112について、普通車の場合、ガソリン補給時に毎回の投入が効果的なのですか?
Q4: A-112についてですが、以前他社の添加剤を使用した際の熱によるエンジントラブルを経験しているので心配なのですが。
Q5: A-112は酵素が燃料内で酸素の含有量を増す(酸素を取り込む)とありますが細分化が酸素を取り込む働きをするのですか?

A-212について

Q1: A-212について、他のメーカーのエンジンオイル添加剤を既に添加していますが、 このままA-212を添加しても大丈夫でしょうか?又効果はどうでしょうか?
Q2: 私の車はオイル交換後3000km走行しているのですが、A-212はどの状態のオイルに添加しても効果はあるのですか?
Q3: A-212について、添加エンジン内部に酵素がコーティングされるんですか?
Q4: A-212は鉱物性オイル/化学合成オイルのどちらにでも使用可能ですか?旧車の場合、ガスケットの負担を減らす為に、 鉱物性オイルを使われる方が多いと思いますが?
Q5: A-212エンジンオイル添加剤の効力有効キロ数はどれぐらいですか?

共通

Q1: A-112とA-212について、規定量より多くいれた場合の車両に対するダメージはありますか?
Q2: A-212とA-112を投入後、マフラーからグレーの煤が出始めましたが・・・。
Q3: A-112とA-212はバイクにも使用できますか?
Q4: A-112とA-212はディーゼルエンジンでも使用できますか?
Q5: A-112とA-212はボートや船舶にも使用できますか?

 
HOME  お問い合わせ  会社案内  雑誌掲載  サイトマップ