燃料添加剤 LUBRICON

実証データ

(財)新日本検定協会分析試験成績書および(財)日本自動車輸送技術協議会テストデータは
こちらをご覧ください。

実証データ1 エンジン内部熱発生率

エンジン内部熱発生率

このテストデータはA-112のエンジンに対する安全性を証明する重要なデータです。
いままでの燃料添加剤はニトロ系やアルコール系を素材としたものが多く、 パワーは出るが熱発生率も通常より高くなってしまい、その為に大切なエンジンの寿命を縮めるトラブルが多くみられました。
エンジンに詳しい方なら、エンジン温度を高めるタイプの添加剤は使用しない、というのが常識になっています。
計測データを見ると、A-112添加剤注入後でも熱発生時のピーク値はほぼ変わらないか、やや低い事がわかります。 さらに添加剤注入後の2つのグラフは、注入前のグラフと比較すると細やかな波形になっている事もわかります。 これは燃焼が細かく完全燃焼に近い状態になっていることを表しています。
この結果、A-112燃料添加剤は、燃費の向上と排気ガスのクリーン化が同時に実現できる、 エンジンの特性を良く理解した上で注意深く作られた画期的な燃料添加剤ということができます。

実証データ2 燃焼最高圧分布

燃焼最高圧分布

上のグラフは騒音発生が低減し、トルクが増加した事を示すデータです。
縦軸に最大値のパーセント、横軸にクランク角度を表しています。添加剤なしの場合、爆発の力が狭い範囲で集中的に働くため、 ほぼ一点に短時間で集中している事がわかります。
ところが、A-112を入れた場合はその幅が広く、トルクが一点でなく幅を持って圧力が分布しています。
一般的に理解するなら、一点をカナズチで叩いた場合とローラーのようなもので短時間で(スライドして)押したような差、といえるかもしれません。
トータルのトルクは、ベクトル和(グラフ内側の面積)は変わりませんが、機械トルク、つまりエネルギーとして考えると、 右の2つのグラフ(添加剤注入)が結果として高くなります。

実証データ3  馬力比較

下の図は2001年式トヨタセリカTRDスポーツM、日産シルビアS13、ポルシェ964のシャーシダイナモテストのデータです。 修正馬力は、機械に乗せて計る為に、タイヤの空転率などを計算して、より正確に算出した数値です。

セリカデータ(2001年式トヨタセリカTRDスポーツM)

セリカデータ
【添加前】
トルク曲線 18.4kgm
修正馬力 197.2ps
【A-112/A-212 添加後】
トルク曲線 18.9kgm
修正馬力 205.8ps

シルビアデータ(日産シルビアS13)

シルビアデータ
【添加前】
トルク曲線 13.5kgm
修正馬力 106.2ps
【A-112/A-212 添加後】
トルク曲線 13.9kgm
修正馬力 114.2ps

ポルシェデータ(ポルシェ964)

ポルシェデータ
【添加前】
トルク曲線 27.4kgm
修正馬力 197.1ps
【A-112/A-212 添加後】
トルク曲線 28.6kgm
修正馬力 188.0ps

 
HOME  お問い合わせ  会社案内  雑誌掲載  サイトマップ